【ドラゴンとは何か?】 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 五行・四神(フェーズ3) > 【ドラゴンとは何か?】

【ドラゴンとは何か?】

IzumoTaisha.jpg

龍ってなんだろう?ドラゴンとはなんだろう?


僕はそもそもドラゴンが本当かどうか調べる気はないので、
皆さんも眉唾ものの話だと思ってもらって構いません。


■1つめの仮説

実は、こんな仮説がある。

もし、恐竜が大量絶滅しなければ、人間はいない。

進化の形は変わっていたはずで、
進化の系統樹のトップは恐竜だった。

恐竜が絶滅したとき、環境が激変したことは確かだ。
ご飯を食べたまま固まった恐竜もいるんだ。

それほどの変化というのは、
火山が一斉に噴火しただけでは足りない。

今一番有力な仮説としては、
惑星の衝突が原因ではないかと言われている。

それで、生物の次の型になるはずの幽霊が
ドラゴン。

そして、もっと怪しく言うと、もしかしたら神様というのは、
エネルギー体として恐竜の幽霊が進化をした姿かもしれない。
・・・そんな仮説がある。


■2つめの仮説

出雲大社は日本中の神様を、神有月にお呼びする。
その1カ月は出雲にお集まりになる。

出雲大社には龍の姿の模型を車に乗せてひっぱる儀式がある。
なぜにして龍なのか?

あまり突っ込む人はいないが、
すべての神仏の本来の姿が龍だという・・・。


・・・

この二つはぜんぜん違う話だけれど、一致する。

恐竜が死に絶えた生命体の行きどころのない、大量の魂。
進化して、恐竜の小さいのが、その次の哺乳類の先祖になった。

それを仲間だった恐竜たちが、見守ってくれているというのが、
これらの仮説から導き出される。

すべては、私のなかのあなた。宮沢賢治も似たようなことを書いている。
「みんなみんな、遠い昔の兄弟ですから」

生命はたったひとつの細胞からはじまった。つまり、同じ親から出た。
ゴキブリ、蠅、ヘビだってあなたと同じ親からだ。

地球上の元になったのは、たった一つの細胞。
ここまで辿っていけるということを、知っておいたらいい。

すると嫌いな人も、隣の臭いオヤジも、
元はたった一つの細胞だったんだってことなのだ。

(清水義久先生 フェーズ3セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。