【1本の木のイメージが世界を変える】 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 五行・四神(フェーズ3) > 【1本の木のイメージが世界を変える】

【1本の木のイメージが世界を変える】

tree2.jpg

樹木のメディテーションで、
心の中の木の状態を変えると現実がよくなっていく。

それはとんでもない事であり、その可能性は計り知れません。
幸せを引き寄せる魔法使いの世界へようこそ。

■世界を変える木のイメージ

たとえば、白くてツルツルになるお肌のトリートメントをしたいならば、
心の中の木が、白樺のような木になったと思えばいい。

人生で、必要なすべてのものは、
樹木のメディテーションで、現実に引き下ろし手にすることができます。

あなたのイメージこそが、現実に引き寄せる具体的なものなんだ。

たとえば、生命力が欲しいというときは、
心の中の木に豊かな葉っぱを思えば、豊かな命を手に入れられる。

たとえば、綺麗なお肌がほしかったら、
心の中の木が、すべすべの樹木になることを思えばいいんだ。

世界を変えるのは、1本の木のイメージで構いません。

幸せを引き寄せる魔法使いとして必要なのは、
大きく、豊かでのびやかに、まわりの世界は晴れやかに想像すること。

それを「人の器を広げること」と表現している。


■木の周りを見よう

心の中で木を想像したとき・・・

まわりに動物はいましたか?
あなたの木のまわりに他の木は見えましたか?

このイメージをした時、ある人はこう言ってました。

「木はあるのですが、後ろにいけなかったんです。
 なぜなら、そこは工場の壁だから!」

面白いですよね。イメージにも関わらず、
なぜそんなところに木を生えるのでしょうか。

その方に「じゃあ、まわりこめますか?」と、
聞いてみた所、「ずっと向こうまで壁があって、
後ろは見えません。」という回答でした。

心の木を、大きく、豊かでのびやかに、
まわりの世界は晴れやかに想像すると言っているのに、
映像がそうなってしまうとは、なんともディープです。

あなたは、心の木をイメージした時、
その木の後ろも見えただろうか?

先ほどの方に、「壁の向こう側が見える位置まで、
木に登ってごらん」と言いました。

しかし、「刑務所のような壁だから、登れないし、
右側にもいけない」というのが、その人の答えでした。

その人にとって、木は正面と右側だったのですが、
あなたが心の木をイメージする時は、
どの位置に立っても木が見えるように想像して下さい。

さて、まわりに樹木が見えましたか?
それらの樹木は、家族や助けてくれる友人だったりする。
だから、枝を伸ばしたら触れあうような位置にないとね。

木が生えている地面の色は見ましたか?
その地面の色は、明るい黄土色に見えましたか?
それとも、砂だったりしませんか?

木が生えている地面は、あなたの経済状態を表します。

ある人はこう言いました。
京都の鞍馬山の道みたいにゴツゴツしたところに、
イメージで根っこを生やしていたら、
経済的な基盤がはっきりしてきたと。

逆に、地面が砂地だったら危ない。
木は、ちゃんとあなたに未来をみせています。

また、地面がガチガチのコンクリートだった場合も危ない。
ある人は、地面が真黒でがガチガチだった。
根が生えていて、色が真っ黒だといいました。

なので、こんな質問をしました。
「よくない仕事をして、怪しい商売で稼いでるのでは?」

そうしたら、その方からの回答は驚くものでした。
「なんでわかるのですか?今日のこの講座に来てる場合じゃありません。
なぜなら、うちの会社はたった今、国税が入っているからです。」

その方は、「このセミナーに来たらなんとかなると思った。」と、
カバン1個持ってこの講座に出席していた。

黒い地面というのは、今危ない位置にあるということを表す。
だから、ブラックマネーのような方法で集めてきたということ。

「では、清らかなものに変えましょう。
木の生えている土を、黄土色に変えるんだ」

と、その方に想像してもらった後、会社の報告を聞いた所、
その国税の調査は、セーフだったそうです。

たたけば、ホコリが出るのかもしれない。
でも、心の中の木は、そうやって人生を立て直すツールなんだ。

いきなりイメージが難しければ、最初は木の写真などを見て、
似せてもいい。それがあなたに変わっていく。

あなたが想像しただけの樹木は、
世界とあなたを共通にして結んでくれるシンボリックイメージ。

そのシンボリックイメージで人生の立て直しが可能になる。

■現実が変わるまでイメージする

たとえば・・・

「元気な木を想像しても、割り箸になるんです」

「真っ白な白樺を想像すると、確かに白いけれど、
皮がパリパリとめくれていくんです。」

こういうときは、危険すぎる。
だから、治るまでイメージすることが大切だ。

イメージのよいところは、
ダメだったらもう一度書き変えればいいということだ。

人生は1回だけど、イメージならば、
何回も、何十回も、何百回も、何千回も治せる。

繰り返し練習していたら、
いつの日かそのイメージした木が見えるようになる。

また、壁の裏側も見ることができる日も来るし、
まわりの樹木もできてくるだろう。

心の木は、直接あなたの人生を直せるツールなんだ。

(清水義久先生 フェーズ3セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。