【タロット】2番カード女教皇の絵に隠された陰と陽 - 成功.me

HOME > セミナー便り > タロット > 【タロット】2番カード女教皇の絵に隠された陰と陽

【タロット】2番カード女教皇の絵に隠された陰と陽

女教帝.jpg

タロット2番カードの「女教皇(ハイプリエステス)」。
ウェイト版のそのカードを見ると全体的に水色の印象が強い。

背景は川、真ん中のラインに水色の陸のようなものがあり、
空も水色。そして石が2つ塔のように立っている。

左側が「B」のボアズは、闇を意味し生命力のネガティビティの黒で陰。
右側が「J」のヤヒンは、光を意味し生命力のボジティブの白で陽。

その中間に、女教皇は座っています。
つまり、陰と陽を統一する力を持っていることがわかります。

まとった服は、水色に白が混ざっているベール。
つまり、無意識の圧倒的な勝利と、白く輝く知性を持っていることもわかる。

律法の書「TORA(トーラ)」を手にして、
何かを定め、裁いていくような人。

足元に、三日月が転がり、頭には三日月の形と満月の形をした
冠のようなものをかぶっている。つまり、彼女は月の女神だ。

胸の位置には十字がある。しかし、この十字は縦と横の長さが
同じ太陽の十字であり、キリスト教の十字ではない。
背景の植物には、男性原理を表すシュロと女性原理を表すザクロが描かれている。

左右の黒と白、太陽と月、男性原理と女性原理、
これらは陰と陽の中間で調和を取っている。そんなことを意識したカードであり、
女教帝は、陰と陽の間に存在する、処女マリア様でもある。

女教皇のカードの、全体の意味は「隠れた影響」です。
このカードが出てきたら、表には出てこない何かの要素を意味しています。

このカードの正位置は、隠れていることを示し、
逆位置は、我がままで自意識過剰を示す。

1番の魔術師と2番の女教帝をペアにしてみると
男性原理の能動性と女原理の受容性、太陽と月のように、
この2枚のカードがペアになり、見事に陰と陽になることもわかるだろう。

(2010.8.14. 清水義久先生 西洋入門(フェーズ4)セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。