【タロット】NO.1魔術師のカードから学ぶ教育プログラム - 成功.me

HOME > セミナー便り > タロット > 【タロット】NO.1魔術師のカードから学ぶ教育プログラム

【タロット】NO.1魔術師のカードから学ぶ教育プログラム

タロットとは、昔の智恵を情報として閉じ込めたツール。

私たちの講座で使っているタロットカードは、
The Rider Tarot Deck(Arthur Edward Waite)です。
これは黄金の夜明け団のオリジナルタロットでもある。


タロットのカードは、大アルカナ56枚、小アルカナ22枚の
合計78枚から成り立つが、最初に見て、憧れてほしいのは、
大アルカナNO.1の「マジシャン(魔術師)」の絵です。

頭の上の無限大のマーク。着物やヴェールが、紅白。
そして、ベルトは、自分のしっぽを飲み込んでいる蛇。
ウロボロスの輪で出来ている。

周りに咲いている花は、赤いバラと白百合。
赤いバラは人間の欲望を表し、白百合は知性を表す。

この魔術師の足元で、花が密生しており、
その意味は欲望は否定せず、知性で乗り切っているわけでもなく、
両方を、超越していることを指す。

テーブルの上に乗っているのは4つの道具。
これは、小アルカナの4種類になっている。
短剣、諸刃の剣はソード。木の棒はワンド。
中央のグラスがカップ。大きなコインがペンタグラム。
それぞれに四大元素の「火・水・風・地」である。

四大元素である、4つのエレメントを自在に駆使できる、
無限の力を持つ人間だということを表し、左手は地面を
右手は棒を持って天を指している。

マジシャン(魔術師)は、陰と陽を超越し、無限の力を
発揮する存在。カード1枚でも語ることはいくらでもある。

タロットカードは、易経とはまた違うプログラム。
あなたが世界を自在に操る魔法使いになるために、
必要な全ての段階を、1枚ずつのカードが提示してくれている
教育プログラムです。

タロットは占いではない。あなたが魔術師になるための
教育であり、人生の旅で何が必要かを1枚ずつ語ってくれる
大切な教えです。

(2010.7.10 清水義久先生 フェーズ4-1回目魔法入門セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。