【言霊】言葉の本当の力。言葉を本物にするには? - 成功.me

HOME > セミナー便り > 言霊 > 【言霊】言葉の本当の力。言葉を本物にするには?

【言霊】言葉の本当の力。言葉を本物にするには?

JN088_72A.jpg

催眠という現象を導くために多くの方法があるのですが、
古典的催眠法で使われるのは直接的に言葉で命令を出す。

いわゆる暗示の利用です。
自律訓練法で使われる「腕がおもた~い。」などの言葉がその例です。

ブッタは悟りを開くための方法として「八正道」を説き、
その中には「正語」(正しくコトバを使う事)が挙げられています。

(注:八正道とは、釈迦が最初に説法において説いたとされる、
涅槃に至る修業の基本となる、正見、正思惟、正語、正業、正命、
正精進、正念、正定の8種の徳の道を指す。)

また、空海の説かれた密教の「真言」とは、
真の言葉であり、力を持ったマントラをいいます。

私たちは言葉の本当の力を発揮できているのでしょうか?

私たちが怒っている時、悲しんでいる時、
「うん、もうやめた!」と言って終わりにできないのは何故ですか?

言葉は無力だからでしょうか?
心と体が別なように、感情と言葉は別なのでしょうか?
別だからコントロールできないのでしょうか?

しかし別のものだとしたら、悲しい話を聞いただけで、
こちらも悲しくなるのは何故でしょうか?
その情報は言葉でできているのではないでしょうか?

あなたが怒っている時に、「このやろー」とか
「あいつは前から気にいらん」とか自分の言葉で増幅していませんか?

私たちは否定的な事について、その力をうまく発揮できています。
「もうダメだ」「できない」「なんで私だけが」「あいつのせいで」
「どうせ私なんか」などいくらでも使っていますし、
本当にその力が発揮しています。

ということは、言葉に力が無いのではありません。
しかし、ポジティブなことに関して、
言葉の力を発揮できている人は、少ないようです。

ポジティブな事について言葉の力を発揮できるようにするには、
まず、肯定的な言葉を使い続けて「技」になるまで研ぎ澄まします。

繰り返し続けて、真剣な気持ちで思いを込めて、丁寧に仕立てるのです。
それが「技」として使えるようになるまで訓練すれば、いざという時には、
たったひとこと「すべてはうまくいく」と言えばいいでしょう。

この時には言葉の意味だけではなく、あなたの思いが情報として乗っかり、
気のエネルギーも加わっていきます。

言葉を本物にするために、自律訓練法を研究し、練習して下さい。
「腕がおもたーい」と唱えただけで、その現実を生み出せるようになった人は、
それだけ言葉の力を発揮できるようになったのだと、
考えてもいいのではないでしょうか。

その上で、自分の言葉で自分の内的世界を再調整してみませんか?
私が講座でお伝えしている、日常使うといい言葉はこれらです。
参考にしてみてください。

「あれは、あれでよかったのだ」
「私は、日に日にあらゆる面でますますよくなっていく」
「世界は良いことに向かって流れている」
「雲の上、いつでも空は、晴れている」
「野に咲く花も、幸せである」


(2008年 清水義久先生 潜在能力を高めるセミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。