【気功 願望実現】なぜ、「気功」で願望実現できないのか? - 成功.me

HOME > セミナー便り > 気功 > 【気功 願望実現】なぜ、「気功」で願望実現できないのか?

【気功 願望実現】なぜ、「気功」で願望実現できないのか?

atthebeach.jpg

願望を実現できないからという理由で、気功をやめていく人が居る。
そんな人には、やめる前にもう一度考えて欲しい事がある。


気功を続けていく上で、我々は良い人間で強い人間を目指していく。


皆さんは、良い人は弱いと思っている。
正義は勝つとは限らないと思っている。


それは大間違いだ。
この宇宙は、必ず良い人間が勝つようになっている。


その時に最初に必要なのは、気のエネルギー
ただし、ほんの少ししかない気の質を高めても仕方ない。
蓄電器としての気の量を精力抜群になるように蓄えていく必要がある。


あなたの願望がうまくいかないのは・・・
極端に言わせてもらうと、達成するほど小周天をやっていないからだ。


文句を言うなら、強靭な背骨を持ってからにしなさい。


きつい言葉かもしれないが、はっきり言ってしまうと
願望が実現しないのは、あなたのせいではないのか?


天をうらんだり、技術がなんだとかいう前に、まずは努力していない。


エネルギーを入れてコーヒーの味がマイルドに変わるということは、
その力だけで願望が実現したということだ。
それは奇跡ではないのか?科学を知っている人なら気付くはずだ。


コーヒーの味変えができるのに
自分の願望実現ができないのは馬鹿だとしかいえない。


もっと自分ができる事に気づき、冷静に見るべきだよ。


努力してどうにかなる事なら、頑張れないその人が悪い。
努力ではどうにもならない事があるから「気功」をやっているんでしょ?


初めてコーヒーの味変えができた感動を思い出して。


たとえ今は自分の夢が叶っていなくとも・・・
今日もコーヒーの味変えができるのなら、
この先にはすごい事が待っていると思って欲しい。


「私はこれができないんです!」って言えば言うほど
確信しているからできるようにならない。


これがだめとか、あれがだめとかは一回考えればいい。
だめな事を見つけた上で、どこに行きたいのかと先を見ればいい。


「ああすればよかった」なんて言っても何も変わらない。
反省は禁止です。


願望が実現できない人は今しか見ていない。
これから先の未来では成功している。
見るべきところは、どこに行きたいのか?という先だよ。


難病の患者さんに対して、この病気は無理なんて言ったら治療できない。
助からない。治らないなんて、言われなくてもわかっている。


ダメだとわかった上で、治る事を見据えて未来から引き寄せる
それでもなんとかなる。


ダメな現実に負けていたら何も変わらないよ。


やるべき事はどこに行きたいのかを見据えて、
そこに向かって「頑張らず・成果を求めず・淡々と」やるだけ。


1年たっても願望が実現できないなんて言う人には、
最初のノートを見ろと言いたい。


あたかも今日、はじめて取り組むかのように楽しんでやりなさい。


イチローは毎日、淡々とバットを振っている。
小学生の頃から大リーガーを目指し、来る日も来る日もやっている。


中学生の時に、小学生でたった15日休んだ事を悔やんでいた。
だけど、本人は努力をしているとは思っていないだろう。


成果を求めずという事は、大リーガーになる事を求めないのではなく
遠く先を見据えて、今日やった成果を求めないということ。


毎回言っているけど、気功の「功」はトレーニングという事。
一枚一枚薄い紙を重ねていく努力。


今日やったトレーニングなんて何も変わらない。
だけど、2年3年経ったら芯から変わってくる。
そういう鍛錬の事を「功」と言う。


あなたの背骨を見るだけで、夢が実現するかどうかわかる。


小周天の体操こそが、夢を実現するマスターキーであり
宇宙を開く魔法の鍵だ。


願望実現の一番重要なポイントは、小周天の体操で
あなたの宇宙が完成すること。


あなたの宇宙が完成する日なんて一生来ない。
今できる事ができたら、もっと大きな事を求めるし、
それに必要なキャパシティを求めて、また背骨がゆがむ。


そうやって、一生進化して叶わぬ夢をもとめていく
小周天は死ぬまで一生やりなさい。


やるかやらないかはあなた次第。
能力の伝授はやるけど、育てていくのはあなたしかできない。
そして、これこそが生きている証ではないのか?


トリ・カメ・クマの小周天の体操を毎日やってください。
10回でいい。20回も30回もやるとやりすぎ。
多くやるよりも、朝晩に少しずつ毎日やる方が効果的。


時間が無い?
生きているあなたを整えることに、時間が無いと言えるのか?


勝手に生きて崩れて行くのは構わないけれど、だったら文句を言うな。
やれば大きく育てる方法がわかっているのだから、後はやるかどうかだけ。


座ってやってもいい。畳半畳のスペースがあればどこでもできる。
できないとは言わせない。


人生のすべては肉体の表現にすぎない。
健全な精神は健全なボディに宿る。


マイナスのエネルギーは体を硬くしてゆがめる。
それを解消しないと、また次から次へ不幸がやってくる。


肉体を整え、自由な動きが取れるようになれば絶対に楽になっていく。


体を大きく満たすことで、不幸は寄り付けなくなる。
体を整える事で自然に不幸が減少していく。


すべてを集約させると小周天になる。
生きている限り、一生続けてください。

清水義久先生 セミナー講義録より)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。