【気】ギリシア彫刻とローマ彫刻の違い - 成功.me

HOME > セミナー便り > 気功 > 【気】ギリシア彫刻とローマ彫刻の違い

【気】ギリシア彫刻とローマ彫刻の違い

JN098_72A.jpg

西洋世界は、主語的世界観であり、
個人としての意識があるがゆえに社会的世界。

私が存在するからこそ、私の願望を実現したいという
世界が成り立つ。これが西洋の本質です。
そしてI(私)とYOU(あなた)をはっきりさせた。

ギリシア彫刻とローマ彫刻の違いはなんでしょう?
それは「目つき」が違うことです。

これは、気の訓練にもなるから見とってほしい。

古代ギリシアの彫刻は、無限のかなたを見ている。
ノーベル文学賞を取ったアイルランド詩人、
ウィルアム・バドラー・イエイツは、
それをこう言った「見えざるものを見ている」と。

古代ギリシアの人たちにとって、
見えない領域を見る事が全てだった。
だから、あの彫刻たちの目は、この世の中ではない、
何かを見ようとしている、と言っています。

対して、古代ローマのトルソ彫刻には、
ものすごく精密な顔面に凡庸な体がついていると言っている。
つまり、20代の若いイケメンのお兄さんの顔に、
オヤジの体がついている。ローマは、そんな感覚だと
言っているのだ。

注:トルソ彫刻とは、手・足・頭部を欠くあるいは、
  省略した胴体だけの彫像を指す。

彫刻を見るだけで、その時代の世界観をも見通せる。

W・Bイエイツは、黄金の暁教団(ゴールデンドーン)の
メンバーであり、白魔術師です。
魔法使いならではの、感覚と目の付け所だと思いませんか。

不思議な世界には、こういう事を見とる目が必要です。
また、それは見ようと思ってみない限り、
見え始めない何かがある。共振や共感しないと見えてこない何か。

彫刻、仏像の一体一体の呼吸を見破る。
気功のいい練習だと思って、見とる練習をしてみてください。

(2011.7.30 清水義久先生 フェーズ4五行セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。