【気功】多重構造の「気の身体」について - 成功.me

HOME > セミナー便り > 気功 > 【気功】多重構造の「気の身体」について

【気功】多重構造の「気の身体」について

私たち人間の体には、一定のヒエラルキーができている。

いわば多重構造の「気の身体」をしているんだ。

一番の基礎、土台となるのが肉体。

そしてその上、2階部分に乗っているのが心、精神。

多重構造の「気の身体」の頂点には何かの痕跡がある。

私たちの基礎っていうのは1階の肉体の部分だから、健康状態が悪くなって、1階が崩れたら、全部崩れてしまうことになる。

たとえば、あなたがいくら頭がよくて、幸運でも健康が損なわれたら崩れていってしまうんだよ。

そして「心だけが壊れる」っていうことも、またないんだ。

心が壊れたように感じで「オレもう無理だよ」というときは、実は3階部分にあった何かが、土砂崩れのような状態になってるんだ。

2階のへこみ部分を埋め合わせるために、3階にある何かとは、「できる」ようになるなにかだったり、幸運ということだったりすんだ。


(「できる人の気功術」セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。