【タロット】お守りをコンパクトにしたいとき - 成功.me

HOME > セミナー便り > 【タロット】お守りをコンパクトにしたいとき

【タロット】お守りをコンパクトにしたいとき

EQ011_L.jpg

タロットカードを持ち歩くとき、すべてを持ち歩くのはかさばって嫌だというならば、23枚を持ち歩くようにするといい。

大アルカナは全部で22枚あるので、それはすべて持つようにする。

そして、残り1枚を選んで一緒に重ねて持っていく。

大アルカナ22枚と、今日のあなたを守り育てるカード1枚をセレクトするんだ。

カード全体をシャッフルして「今日私を1日お守りするカードをわたしにお知らせください」と祈りながら、全部を触って、1枚ひく。

易と同じで「悪いカードが出ても守ってくれる」というのがタロットなんだ。

大アルカナ22枚を上に、潜在的に守る1枚、今日1日セレクトのものを下に置くようにする。

実は23枚っていう数字には意味があって、人間の遺伝子の数が23なんだ。

カバラというのは生命の樹が背景にあって、エデンの園のアダムに戻ることを本意とする。

そして、伝統的に守っていくカード23枚と指定している。

数千年昔から、人である証は23と知っていたんだね。

(2010.9.12 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。