セミナー便り - 成功.me

HOME > セミナー便り

「変わりたい」と思うなら実行すべきこと

moon4.jpg

これから能力開発を進めて「もっと変わりたい」と思うなら、
太陽と月の瞑想は必ずやるべきです。どちらか1個でもいい。

太陽は元気になりたいとき、リフレッシュしたいとき。
パワーを吸収したいときは太陽。太陽の瞑想は毎日やるべきだ。

東の空に上がる太陽の光を浴びる瞑想。
あなたがその太陽からパワーをどんどんと吸収し黄金に輝く。

「いつまでやるんですか?」じゃない。一生やるんだ。
あなたがこの世を去るまで、この訓練は欠かせない。
効果バツグンだから必須といえる。

そして、もうひとつは月の瞑想。
夜空に浮かぶ満月から光を浴びる瞑想。
あなたはその月からパワーをどんどん吸収し白銀に輝く。

両方の瞑想とも、やり方は一緒だ。

イメージだけでは最初はやりづらいだろう。
だからサンプルを使って構わない。

どこか旅行にいった時など写真を撮るかのように記憶してほしい。
せっかく素敵な風景に出会っているのですから。

「いいな~」という感覚があると思う。
そういうときは景色を大事にする。

周りの風景を感じ取ろうと、知覚のスイッチを入れる。
改めて何かを感じようとしない限り、入ってこないのだから。

(清水義久先生のフェーズ4セミナー講義メモより)

「運」さえ味方させる人

Fortune telling.jpg

昔、僕は占いをずっとやっていた。
でも、あるときからぱったりやめた。

いろんな理由がある。
本当のプロの占い師の方々は悩んでいると思います。
明日この人が死ぬとわかって、それを告げる自分を。

ドクターなら治療できる。治せる。
たとえ無駄だとわかっても、行為自体が無駄じゃない。

でも、占い師は別かもしれない。
「ダメですね」と告げることに何の価値があるのだろうと。

そして、そういうことに気がつかない人は、
占い師に向いていないし、当たることもないだろう。

占い師のプロフェッショナルの凄腕の人は、
子どもに受け継がず、誇りにもしない。
僕はその気持ちがよくわかります。

そして、宿命やいろんなことが
バシバシ当たる中で、そうならない人がいる。
逆にそうならないはずなのに、そうなっちゃう人がいる。

昔古今東西の占いを手当たり次第学んでわかったことは、
「不幸な奴は不幸」「そして、そこそこ当たる」ということ。

そして本当に突き抜けて考えついた結果は、
「運」ではないということと。「運」さえ味方にする人がいる。

努力もせず、勉強もせず、後からやってきてやすやすと成功する。
キーパーソンのような人は、運も味方につける方法に気がついている。

それは偶然なんかじゃない。
「運」が味方させることを「偶然だ」と思えているという事自体、
あなたが一流ではない証。時の運さえ、必然に変えている人はいる。

反対に、あなたは幸せに生きられるはずなのに、
負けカードを引き、不幸になっている。

これが占い師で食っていこうとさえ思った僕が出した結論。
「人間には超能力がある」ということ。

これは、どんな人にもある。
そして能力開発によって超能力を発動し運命を変えてしまうんだ。

(清水義久先生のフェーズ4セミナー講義メモより)

マジシャンにとって大事なこと

blue-sky.jpg

奇跡が起こるということは、
世界があなたを受け入れるということだ。

これは
「私は今この瞬間、宇宙のすべてを受け入れます」の、
反対バージョン「この世界は、私のすべてを受け入れます」だ。

それをミラクル、奇跡と呼んでいる。

私が持っている思いがある。
それが「そうなる」とは思えない。無理であり、希望もない。

しかし、その外側の世界がまるごとあなたを受け入れてくれている。
だから自然に、あなたが考えている思いが、ワールドで実現してしまう。

その時、君は何もしていない。
なにかをしたから起きている現象じゃないんだよ。

奇跡というのは、私が思いを強く持たないのに、
ワールドが愛を持って受け入れてくれているがゆえに、
あなたの思いが叶う現象。

この世界はあなたを救ってくれる。
なんだかわからないけど・・・どうしてかもわからないけど・・・。

だから「私は守られているのです」と思えることが、
マジシャンにとってもっとも大事なことの1つだ。


(清水義久先生のフェーズ4セミナー講義メモより)

「世界は私を助けてくれる」

nature5.jpg

マジシャンが頭の中で想像すべきことは、
自分の夢が叶うことでも、自信を持つことでもなく
「世界の認識」であり「外側の意識」だ。

あなたが願望実現について考える時、
内側の意識、アクション、集中すること、希望することなど、
そういうセルフの問題が答えとして出てくる。

しかし、奇跡を起こすのはあなたではない。
奇跡というのは向こう側が起こすもの。

僕の知っている人で、
子宮筋腫ができて落ち込んでいる人がいた。

その人と話していると「話しを聞いてるのか?」と思う時もあったし、
「自分だけが不幸だという顔すんなよ!」と思うぐらい打ちひしがれていた。

なので解決法として「お腹の中でグー・チョキ・パーをやる」という
方法を教えた時も、浮かない顔をしていた。

自分がこれで治るとは思えなかった。
世界が歩み寄ってくれると考えられたんだ。

しかし、彼女はそのあと、どこかでスイッチが入ったのだろう。

「このことをすることで、世界が私を助けてくれる」と。
「世界のほうから歩み寄ってくれる」と。

結果、治ってしまったそうだ。
実際には何が起きたのか分からないし聞いていない。

でも原理を抽出すると、外側の意識を持つことだろう。

そして、そういう奇跡を起こした彼らは一様に
こういう傾向を持つ。

それはその話を報告する時に不思議そうに言わないこと。
「外を見ていたら雨が降ってきたんですよね。」と話すような
感覚で報告してくれる。彼らにとって当たり前なのでしょう。

これはつまり世界認識が違うということ。

それらのことが起きても驚きもせず、自分がすごいと思わず、
「私のことを世界は助けてくれる」と思っているんだ。


(清水義久先生のフェーズ4セミナー講義メモより)

占星術の意味

see-the-stars.jpg

あなたは一人で生きていると思っているかもしれないが、
天空に輝く星々は、君をいつでも見守り、力を与え、情報を与えている。

星というのは光だから、情報が乗っている。
いわば無線LANで届いているようなものだ。

そのことを意識することが、
実は占星術の極意であり、またそのために勉強する。

占星術というのは星を通して、
「世界と私はつながっている」ことを勉強で知ること。

その時、起きる価値観の変容は
「あなたがたとえダメであっても、外に世界があるではないか」
ということ。

それはあなたのネガティブな思いを、
清らかなるものに変換してくれるのが宇宙の愛。

この世界はあなたと世界を切り離したりはできない。
ポジとネガ、陰と陽、一つの区切り

外ができることにより、内が生まれる。常に1セット。
ワールドとあなたは、同時に存在する。

だから世界に助けてもらえばいいんだ。

もちろん、マジシャンの技として
「私が頑張る! 」というのもあるけれど反対の技もある。

それがこの「この瞬間、宇宙は私を受け入れます」だ。


(清水義久先生のフェーズ4セミナー講義メモより)


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11




無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。