【西洋魔術】不幸から抜け出すマントラ

不幸のリストを作って「これを書いているのは私だ」と認識すること、そしてあなたの器を拡大することができることで、私たちは不幸から抜け出すことができる。

ここで終わるとただの心理療法になってしまう。

これはこれで価値はあるが、でも物足りない。

僕の西洋魔術セミナーでは、不幸から抜け出すマントラをお伝えしています。

まず不幸のリスト書いた内容を、全部見直す。

そして、ひとつひとつ言っていきます。

「近眼、眼精疲労、それは私ではありません」

「○○、それは私ではありません」

「□□、それは私ではありません」

人は不幸が書きとめた瞬間、乗り越えられる自分が出てくる。

天使のとしてのあなただ。

あなたは気ぐるみをきている天使なのだから、「不幸ってまじ? やばいじゃん!」と自覚するだけで、百会のチャクラが開く。

そして、百会が開いたら、運命がよくなるんだ。

(2011.3.13 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ