【断易・周易】 「ふさわしい場」にしているか

人の治療をするときも、願望を叶えるときも、それをするに「ふさわしい場」にしているかのほうが、その熱意よりも大きい場合がある。

タイミングといってもいいし、場といってもいい。

結界をはるということは、場を整えるということで非常に大事。

たとえば「うどんを打つのにうまくいかない」っていうとき、まないたがでこぼこだったら?

それは腕があってもむずかしい。

なにをどうやりたいかではなく「どこで」というのが盲点。

プロは場を整えるところから始める。

これは、断易のときも同じだし、占いのときこそ言えること。

なぜかというと、鬼神を呼ばないといけないから。

それにふさわしい場所になっているかどうか。

世界中のネットワークから、ケーブルから流れ込む場になっているかどうかが、大事なんだ。

清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ