【易の卦】「地水師」の「師」は軍隊とは?

▼地水師(ちすいし)

師、貞 丈人吉无咎
彖曰 師衆也 貞正也 能以衆正 可以王矣
剛中而應 行險士而順 以此毒天下 而民從之
吉又何咎矣
象曰 地中有水師 君子以容民畜衆

師は、貞なり 丈人なれば吉にして咎なし
彖に曰く、師は衆也 貞は正なり 能く衆を以いて正しければ
以て王たるべし 剛中にして応ず、険を行いて順 
これを以て天下を毒して、民これに従う 吉、また何の咎あらん
象に曰く、地中に水あるは師なり 君子以て民を容れ衆を畜う

====================================

地水師とは、曇り空のところで
霞がたなびいている風景のイメージです。

つまり、良く見えていないということ。
師というのは軍隊のことです。

1つ前の卦は、天水訟は訴えた。
そして、地水師の「師」は軍隊なので、
いよいよ戦いになります。

(2012.3.17.清水義久先生 周易と易の神秘(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ