【西洋魔術】願い事は外に持ち出す

僕の西洋魔術講座に参加する方は、気功の1日セミナーなどに参加してくださっているだろう。

さて「願い事」というのは、あなたの内部で処理されると、問題が起きてしまう。

だから、願い事は、体の外に出して願うんだ。

体内のインナーワールドで考えないようにする。

このことがわからないとしたら、フェーズ1のセミナーを取りこぼしたことになる。

気のボールが、あなたの内部空間の代わりをしてくれる。

頭の中でそのことを願って、そうなったらいいなという現象しかない。

情報のネットワークが高度に進化しつながりあっている世界では、あなたの知らないところで勝手にデータ、フラグメントの塊が一瞬にして集まり、一つの思いになりやすい。

つまり「こうなったらいいよな!」と願っても、その後、マトリックの世界で「絶対無理」という連合体が集まり始めてしまう。

その等価交換と思えるほどの同じマイナスが、無意識下で集まり始めてしまうんだ。

だから、願い事を外に持ち出す。

(2011.2.13 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ