【お祓い】磁石は霊を祓うグッズとは?

以前、磁石は、超能力を目覚めさせる隠れたパラメータとして、
「磁石で超能力を目覚める」という記事を書きました。

▼【能力開発】磁石で超能力が目覚めるとは?

磁石の他の使い方として、
幽霊や憑依霊、その他人の念などを祓うグッズとしても、
使える。

このような霊や念、など邪気と言われるものは、
くっつく場所が決まっています。

頭の上、大椎の上、背中の上、喉、胸のあたりです。

大椎(だいつい)とは、首を前に曲げると首にできる、
最大の突起の下のくぼみです。

大椎から背中にかけては、邪気が溜まりやすい。
ここに邪気が溜まると、風邪をひきやすくなります。

逆にいえば、ここの邪気を祓うことで、
心身共に、健康に導かれていきます。

邪気とは、気です。気を祓う、
気を入れるグッズとして磁石も使えます。

悪い気は抜けばいいですし。プラスの気は入れればいい。
もし痛い場所など患部があれば、それを応用するのです。

また、気の性質として、右回りに進行します。

ですから、大椎からマイナスの気を抜く時は、
その上で、磁石を左回りにすればよい。

逆に、大椎にプラスの気を入れる時は、
その上で、磁石を右回りにすればいいのです。

手からエネルギーが出る能力の伝授を受けている人は、
その気のエネルギーを同様に使えばよりよいでしょう。

余談ですが、風邪をひく前は、
大椎から背中にかけては、邪気が溜まり、
触ると冷えています。

ですから、その部分にカイロなどを貼って、
温かくすることで、邪気がなくなり風邪もひかなくなります。

プラスの気は、幸せで温かくふんわりと柔らかい、
マイナスの気は、冷たく、ネチョネチョ湿っていたり、
カチンと硬い、そして不幸に導きます。

これらを知っていれば、気の訓練をする前の方でも、
気を扱っていくベースになるでしょう。

ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

(2012.9.23 清水義久先生のフェーズ1小周天セミナーより)

無料メルマガ