【タロット】恋人カードのアダムとイブが、悪魔になるとは?

タロット15番のカードは、「悪魔(デビル)」

ウエイト版のタロットの「悪魔」の絵をよく見てほしい。
悪魔の下にいる2人は角が生えているけど、見覚えがないだろうか?

そう、これは6番「恋人」のカードに描かれていた
「アダム」と「イヴ」の2人が捕まっているのだ。

そして、「アダム」は十二宮の生命の木が、
「イヴ」は知恵の木の実が尾っぽになっている。

この二人は、生命の木と、知恵の木を間違って使った。
だから我々人間のせいで、悪魔になったのだ。

上の悪魔の絵を見てほしい。
悪魔の頭上の五芒星が逆に書いてあることに気付くだろう。

これは、黒魔術の五芒星であり、我々白魔術師は、
五芒星を空中に描く時、絶対にこういう風な図形にはならない。

左手に持っている松明の火の下向きになっている。
このように「悪魔」のカードに描かれているものは上下が逆になっている。

悪魔の右手の印も面白い。まるでスタートレックに出ている、
ミスタースポックの手の形になっている。これにも意味がある。

「悪魔」のカードは、物質的な意味での支配者。
このカードは、正位置は周りの人を引っ張っていくカリスマとなり、
逆位置だと、暴君を意味する。

(2010.8.14. 清水義久先生 西洋入門(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ