【タロット】11番「正義」と17番「スター」の女性は同一人物!?

タロット11番のカードは、「正義(ジャスティス)」。

ウエイト版タロットの「正義」のカードを見ると、
3の原理である、3つにとがっている冠が目に入る。

右と左の柱は陰と陽を表し、岩のような柱の中央に座っているのは、
陰と陽を統一していることを表す。

中央の人は、髪の毛が短くて男性のように見えるが、
輪郭を見ると卵型になっているところから女性であり、
正義の女神だということがわかる。

右足を前に出した「皇帝」と反対に、左の片足を出していることから
強い意志を持ち、公正を保ち、バランスを取っていることがわかる。

実は、この女性は将来のカードで、服を脱ぐことになる。
それが、タロット17番カード「星(スター)」だ。

このカードでは全裸になっているが、
「正義」と「星」のカードを見比べると、女性の顔が似ている。。

「正義」と同じように「星」のカードでもバランスを取り、
カップの象徴である水瓶から、両手で均等に水をこぼしている。
左手と左足は水面上にあり、右手と右足は陸地にある。

「星」の全裸の女性は「正義」の女性がそのまま脱いだ姿だ。
「正義」のキリッとした厳しい顔をして、白黒はっきりつけ、
曲がったことは嫌いといった女性が、「星」のカードでは、
全裸で開放的になっている姿のギャップを楽しんでもよいだろう。

この「正義」のカードの正位置は、「正しい」「順」であり、
逆位置は「不正」「逆」といった、そのままの意味を持つ。

そして「星」のカードの正位置は「自由なひらめき」や「希望」であり、
逆位置は、「疑い」「自分勝手」「バランスが崩れる」という意味を持つ。

(2010.8.14. 清水義久先生 西洋入門(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ