【成功法則】「もしも私の人生ですべての願いが叶っていたら今の私はどんな人間になっていただろうか?」

もしも私が生まれてこの方、自分が考えたり、願ったりしたことが、あらゆる面ですべて叶っていたら?」
そんなこと、考えたことある?

「もしも私の人生で、あらゆることが叶っていたら、今の私はどんな人間になっているのか?」
人が想像すべき事などそれ以外ない。
君が学校や人生で何を学んできたか知らんが、あなたが人生の中で、
たったひとつ考えるべき事があるとしたら、それ以外にはない。
あらゆる願いが叶っているときの、あなたの姿だ。

本当はそんなことはない。
なぜかといったら、オッパイが欲しと泣いてもママはくれなかった。
おしめ取り替えてと泣いても、わかってもらえなかった。

最初からこの世界はあなたの願いが叶っていないという状況で、ずっときた。
つまり、不幸の連続の中で、ずっと生きてきたのです。

不幸の連続の中で、願いは叶っていなかった。それは君の経験上だ。
経験から学べるものは知識にすぎない。
経験から何かを学んで、それが宇宙の真理だと思っていたら、ただのアホだ。

あなたの人生の経験がなんであれ、それは、局所的な狭い世界だと思って、
大きな世界に目を向けたときに、知恵が生まれる。

自分の経験を超える何かを考えて。
君が経験で学んだことを全部集めても、それはただの知識だ。

人が考えるべきことはただひとつ
「もしもあなたの願いがすべて叶っていたら、私はどこまで遠くにいっていたのか?」だ。

そして本当は、それこそが、君が人生で決めてきて生まれた、本当の目的じゃないの?
君が今回の人生でプロットしてきたそのすべては、あなたの願いであり、
それは最初から全部叶っていくということが、生まれる前の目標だ。

前世があるとか・ないとかいっているのではない。
もしもあるしたら、そういうことですよね、といっているだけ。

どう生きていきたいのかを考えてでてきたはずだ。
だったらあなたが願うことすべて、それが叶うことが、人生の目標であり、最初からの計算づく。
叶って当たり前なのです。叶えられると思うから生まれてきたんだ。

私たちの失敗は、間違いにすぎません。
人生が間違いだといっているのではない。

失敗することが当たり前で、
失敗していない世界を一度も考えたことがないということが、
間違いだというのです。

清水義久先生 2011.4 フェーズ3(五行・四神)セミナー講義録より)

無料メルマガ