【西洋魔術】蝋燭の瞑想の意味

魔法使いを目指す皆さんに、蝋燭を並べる瞑想を毎日やってほしいとお伝えしている。

蝋燭の瞑想で、初めはイメージの視線を固定したまま、蝋燭を配置できるようにする。

次に蝋燭のイメージを明確にできるようにして、やがてスピーディに火をつけられるように、数を増やせるようにとステップを進めていく。

これらの瞑想ができるようになると、あることに気が付き始める。

心のストレスがへり、体が元気になるということ。

実は、蝋燭の炎はあなたを救うんだ。

人は、心の中で、明軽いものを見られるようになったとき、ネガティビティがなくなって行くことに気がつく。

あなたが不幸なのは、眼を閉じた空間が暗いからにすぎないんだよ。

「心の闇」という表現は、本当にその通りなんだ。

(2010.12.12 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ