【セミナー便り】ロンドンオリンピックは、盛り上がるのか?

今回のロンドン五輪全体のエネルギー自体は、他のオリンピックの時と
比較して、小さいと感じている。

それは、イギリスがエネルギーを集めるのに失敗したということ。
もちろん五輪だから、そこそこのエネルギーは集まるけど。

大昔のミュンヘン、モスクワ、ロサンゼルスとかは、
スターがいるいないに限らず、全体の印象が今でもあり、
よくも悪くも覚えている。

でも今回は、異常な盛り上がりのなさというか。
出場する選手自身は違うんだろうけど。

だから、オリンピック自体が成功できるのかという危惧がある。
始まる前から微妙というか、なんかどっかテンション高められずに
終わっていくような。

全体の成績も、たぶん引きずられて大会新記録で盛り上がって
いくような雰囲気ではない感じがしている。
わからないけどね。

五輪自体が、五行みたいな5つのエレメンタルを集める技になるわけ
だから、そこで失敗するのはあまりいい傾向ではないね。

4年に1回の水漏れ直しみたいなもの。
世界の調律。
これが「スカッ」と空振りするというのはね。

しかもロンドン。時間と空間の要。

緯度経度の始まりの「0」ポイントでそういうことが起きるということは、
世界的に残り4年間「パッ」としないかもしれない。

逆に、ここで盛り上げられると緯度経度で全部伝わっていくんだけどね。
盛り上がってもらえるといいんだけどね。

清水義久先生 セミナー講義録より)

無料メルマガ