【フラワーレメディ】清水先生オススメのフラワーレメディ1

●1.クラブアップル

あなたがよそから汚された、マイナスの憑依を受けた。
エネルギー的にも心情的にも、他所から汚されたとき。

職場で同僚に意地悪された。やくざに絡まれた。

あなたが清めたいと思うとき、あらゆる霊的憑依。
汚れ。すべて清めてくれる「浄化」のレメディ。

●2.オリーブ

オリーブオイルじゃないよ。
オリーブ食べてもだめだよ。

肉体疲労。たとえばマラソン走った後とか。
精神疲労。オレはもうダメだ、疲れた・・・とか。
オリーブのレメディを一滴か二滴垂らすとシャキーン!と。

精神的、肉体的やられちゃった後、それを回復するレメディ。

オリーブの木はイギリスにはない。
エドワード・バッチが外国にある植物を採用したのはこのオリーブだけ。

ノアの箱舟知ってる?
ノアが箱舟の中に閉じ込められた時に、洪水がひいたのがどうして
わかったのか?

それは、ある日ハトがオリーブの葉を加えて帰ってきたからなんだ。
聖書ではそうなっている。

ノアは疲労困憊していた。その疲れを癒すためのオリーブだ。
こういう1個1個の例えは、偶然ではないんだ。

●3.ウォルナット

これはくるみの木。
西洋くるみの木は、まわり1メートルくらい、草が生えない。

虫もつかない。
それは「来ないで」ということ。

あなたの周りをエネルギーで包んでフィールドを作ってくれる。
外からの防衛をしたいときに飲むといい。

職場が変わったとか、新たに学校に入学したとか。
新しい環境に入るとき。
それ自体が新たな門出だけれど、遮断して守っておきたいとき。

「ウォルナット」はやられる前の防御のために。
「クラブアップル」は、やられちゃった後、キレイにするために。
「オリーブ」は、やられちゃった後に回復するために。

(2010.9.18 清水義久先生 フェーズ1・2【小周天・大周天】継続セミナーより)

無料メルマガ