【タロット】タロットとカバラ十字

タロットは人間の無意識にアクセスできるんだけれど、それは「比較的浅い無意識」と言える。

たとえば「○○チャンのことが好き」「あいつの顔をみるとむかつく」といった話。

タロット占い師のところにくる相談は、男女関係か金か、私の幸せなんかが多い。

一方で、カバラ十字はそれをキレイにできて、現実に効くということになる。

ただ「より普遍性がある」ということは、切れ味そのものは悪いということ。

たとえば、栓抜きが必要だとわかっているときには、栓抜きを借りたほうが早くて、いきなり万能工具を使うという人はいないだろう。

万能の道具はなんにでも役に立つけれど、専用工具の切れ味はないんだ。

だから本気でなにかやりたかったら、両方重ねたらいいということになるんだ。

(2010.9.12 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ