【運気】2度あることは3度あるけど、4度ないのは何故?

2度あることは3度ある。そして、4度目はない。

いいことも悪いことも、
3回までは続くけど、4回目は起こりづらいんだ。

不思議に思った事はありませんか?

気の世界からの解説をすると、
「ド・レ・ミ」」までの3音階は、
エネルギーが充実していて、ステップを上がりやすい。

だから、1度目は2度目に、2度目は3度目になって、
現実の世界に現れる。

しかし、「ファ」である4音階目は半音階下がり、
エネルギーが足らなくなってしまう。

悪い事は、4回目が起こらないし、
良い事も、4回目までつながらない。

「3日坊主」とはよく言ったもんだ。
3日目までは続くけど、4日目のハードルが高いんだよね。

この話は、以前お伝えした、
「すべての出来事は、7つの階段を用意したら叶ってしまうという
西洋音階の秘密」を知ると理解が深まると思います。

※以下記事をご参考ください。
【成功法則】音楽の捧げ物「願望実現の7ステップス」の法則

それを知った上で、
どうやって4音階目まで上がっていくか。
それが、秘密の音「ファ」にあります。

「ファー」と唱えることで、
足らなくなったエネルギーが補充される。

この「ファ」の音は、
最初はマイナスが消える方向に働き、
次に、願いを叶えるプラスの方向に働きます。

プラスのエネルギーとマイナスのエネルギーは、
打ち消し合います。

プラスのエネルギーが仕入としたら、
マイナスのエネルギーは売上、
相殺したものが、現状。

その現状が、まだマイナスならば、
「ファ」の音で、マイナスを消していきます。

その現状が、プラスならば、「ファ」の音で、
願いを叶えるエネルギーを増やしていくのです。

「ファ」の音は運気アップしてくれると秘密の音です。

(清水義久先生のセミナー講義録より)

無料メルマガ