【願望実現】夢を叶えるのに一番大切な事は”気分”とは?

脳をいくら研究しても、心の事はわかりません。
しかし、心があるということは、子供でも知っています。

心には、感情があります。
嬉しい、楽しい、気持ちがいいという良い感情。
悲しい、苦しい、辛いという悪い感情。

私たちは講座でよくお話しします。
夢を叶える、願望を実現するのに一番大切な事は、
“よい気分になること”だと。

気分が大事なんです。イメージももちろん大事ですが、
イメージ世界を作っているのは、感情。

キャンバスを用意して、どんなデッサンを描こうとも、
黒しかなかったら書けません。明るい絵の具を用意し、
絵を描くのです。

一番重要なのは、その色は透明な美しい色をしていますか?
絵の具は黒ずんでいませんか?

もし黒ずんでいたら、嫌な気分があります。
そんな時は、あなた身体を感じて、頭の中で作った気分は、
この世界だったのだと思い、捨て去り、新しい気分を作ります。

私たちの善き思いで神様はできています。善き思いを持つことで、
天使や精霊が育っていく餌になっています。

だから、善き思いを出す者が、世界最強。
道はそこにしかない。本者是正念(ほんしゃぜしょうねん)の道だ。

あなたの思いが、神々への捧げものである事知っておいてください。
人は、この世界と天と地をつなぐ存在。天地人だ。

あなたがいなければこの宇宙は動かない。人はそれぐらい大きな
存在だと言ってもイイでしょう。ネバーエンディングストーリーにも
あるように、子供たちが幻想空間を知らず、物語を読まないことで、
ファンタジアが崩壊する。こちらの世界の人たちが思わないと、
消えてしまう。向こうの世界を救うことで、この世界の救世主となる。

ヨーロッパにおいて著名な科学者を多数輩出したハクスリー家の
一員であった、イギリスの作家 オルダス・ハクスリーは、
こう言っている。「人には屋根裏部屋がある。」と。

ドアがあり入口がある。覗き込んでみると、冷たい、怖い。
それが無意識のイメージかもしれない。

でもハクスリーが、覗き込んだのは、
地下室ではなく、屋根裏部屋だった。
さやわかな高原の風が吹く天窓があったと。

現実の世界にイメージ空間が混ざり合い、
よい気分になることで、善き思いが生まれ、神々の捧げものになる。
それが、あなたの夢を叶えていく重要なポイントなのです。

(2012.5.4 清水義久先生 小周天ブラッシュアップセミナーより)

無料メルマガ