【西洋魔術】夢がなかったら魔法使いではない

西洋魔術講座で、僕がお話しすることの1つに「夢がなかったら、魔法使いではない。」ということがある。

現実の世界でファンタジーを持つことはドリーマー。

まずは夢をもってほしい。

そして、僕が要求しているのはもっと先の「夢を現実にできる人」になること。

夢見の人、ドリーマーということ、ここからスタートするんだ。

夢をこの世界に落としこめる、そういう奇蹟を持つことができるから、マジシャンになるんだ。

マジシャンっというのは、「インチキ」じゃない。

「MAGIC」のほうではなくて、僕たちがやっていくのは「MAGIK」のほうなんだ。

幻想や夢を持つ「ドリーマー」でいると、寝ておきたらわすれてしまう。

この夢を結晶化して、消えないまでにするのが「ファンタジスタ」「夢想家」。

そして夢見たものをこの世界にもたらすとき「魔法使い」「マジシャン」になるんだ。

(2010.8.15 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ