【金運上昇】エジプトのおふだ「スカラベのタリズマン」

清水先生は、講座でよくスカラベのタリズマンのお話をされます。
スカラベのタリズマンは金運上昇に使われるそうです。

「タリズマン」・・・聞きなれない単語でした。
調べてみたら、「タリズマンとはお守りのこと」とわかりましたが、
・・・うーんと首を捻ってしまいました。

どうやら幾何学の模様が描かれた紙が、タリズマンのようです。
おふだと似た原理なのでしょうか。

では、スカラベとは何なのでしょうか。
スカラベと聞くと映画ハムナプトラを思い出します。

映画では、スカラベが、体の皮膚の中を食い荒らしていたり、
大量のスカラベが押し寄せて人を食い尽くす怪物として描写され、
観ているこちらは鳥肌が立ったものです。

しかし、それはフィクションであり、実際は恐ろしい生物ではなく、
日本では「フンコロガシ」で有名な虫です。
正確に言うとスカラベはフンコロガシの中の一種になるそうです。

何故、糞を転がすのか?
それは、動物が排出した糞に栄養源が含まれているからで、
つまり、彼らは御馳走を転がしているのです。

ペットの兎も当たり前のように糞を食べていた事を見たことがありますし、
カバも食べるらしい。さらにフンコロガシは食べるだけではなく、
卵を産み付ける種もあり、生まれた幼虫はそれを餌に育つ。

スカラベは糞を玉にして運び、地面に掘った穴の中に持っていく。

この習性を古代エジプト人は太陽(玉)を運ぶ存在と神聖視し、
神としての姿と名を付けられている。

他にも装飾品としてスカラベの彫刻が使われています。
王のミイラの心臓の代わりにもスカラベの彫刻が使われています。

古来から太陽のエネルギー、
そして再生の力を持つとされたスカラベ。

あなたも講座で学べる
清水先生絶賛の金運のスカラベタリズマンで開運してみませんか?

(スタッフM)

無料メルマガ