【断易・周易】プラスの痕跡を残す

フェニックスなど、最初にいたかどうか僕は知らない。

でも人間が、そういう物を頭で思い描き、何回も集中して繰り返していると、人間の想像力はエレメンタルを生み出すんだ。

それは本物の命を持った存在になり、私たちが死んだあとも、活動できる。

いままで生きてきた人生のなかで、ポジティブな世界、ネガティブな世界。

ほとんどの人は、想念の世界を汚しつづけているんだ。

あなたの想念は本物になってあの世界に生まれ続けているのです。

人間が生きている本当の意味は、プラスの痕跡を残すことだ。

相殺してゼロに戻すだけでは、本当はたりない。

過去世のつけは消えていないからだ。

つまりカルマの法則とは「あなたが頭の中で作った想念は、あなたが作り出したがゆえに、あなたに襲いかかってくる現象」を言うんだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ