【断易・周易】 雷水解(らいすいかい)

「雷が落ちて、水に当って解けた」ということを表す。

解決の解。とけるということ。

解決できるチャンス。

もちろん、解約して止めるということも含む。

いい方向とは限らない。とにかく「分けられた」ということ。

初爻:目上の人のアドバイスを受けるべきです。

二爻:積極的に動く。しかし、細心の注意が必要です。

三爻:災難にあいます。反省はしないで済みますけれど、今の自分のやれる範囲を超えてなにか手を出したことについて、行き過ぎたことによって、災難になってしまう。

四爻:良くない縁を断ち切るときです。痛いですよね。親指をきっちゃうのですから。自分で自分の指をきっちゃう。「拇(おやゆび)」は、手偏に母と書くけれど、そこまで悪い因縁を切ること。

五爻:解散、解約、縁起り。問題解決かもしれない。

上爻:ハヤブサを得たのに、利がなかった。よくはなっていく。解決していくでしょう。でも他の人には気をつけてくださいね。

こういう解釈になるんだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ