【断易・周易】 イメージ世界での時間の流れ

周易セミナーに参加してくれる人の中には、過去にネガティブな思いを抱えているという人もいる。

過去に辛いことを抱えてもってらっしゃると、イメージ世界では左視野がなくなるんだ。

時間は左から右にイメージ世界を流れる。

だから、暗いこと辛いことを体験され、ネガティブに傾いていて「今幸せは考えにくい」という人は、過去を一つ一つ綺麗にしていく。

過去は真正面に目を向けたときの左になる。

あかるいイメージ、気の瞑想を、左側におけるひとは、それだけで過去を許している人。

右側におけるひとは、明るい未来を受け入れられる人。

現実がつらい。

左右上下におけない。

1個1個フォーカスしないで済む。

空間の座標で、左に明るいもの、ポジティブなものをおくだけで、治せることになる。

マイナス過去に持っていたとしても、それを暴かずに、ファイル事フォーマットできるようになるんだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ