【断易・周易】 算命学の守護神法とは?

算命学では、その人の持っているのは、十干ででてくる。

そして、環境の現実要素は十二支で考える。

算命はこんな単純なものではないけれど、概念図を考えてほしい。

これも陰と陽がある。

現実世界と精神の世界をそれぞれ読んでいく。

その人が内面にもっている精神、心の領域と、現在の仕事、2本立てで調べるという面白い占い。

守護神法というのがあって、話が守護神の話とは関係ないけれど、その発想というのが、十干・十二支をみたとき、木・火・土・金・水出振り分けたとき、どの五行のバランスが多いか、少ないかをみる。

あまりにも、ひとつの構成が多いとき、これを押さえつける働き、剋するものが、なんと守護神になる。

本来ならやっつける要素の、濃くしている要素に属するものが、バランスをとってくれるという考え方なんだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ