【断易・周易】 易経の正しい占い方

人類の文化でここまで生み出せたのが易経。

これも完全ではないと思うし、手掛かりに過ぎない。

でも太極の世界と事象をなんとかむすびつけ、形にしようとしていた人たちは、悟りも開きながらこの世界を肯定してきた。

生きるも死ぬも、自由自在になりながら、すべてを望んだ人たちなんだ。

易経の本当の正しい占い方は、そういうことを理解しながら、それらの人たちの力を借りて、あなたがこの世界について聞きたい事に、そっと耳を傾けるという姿勢が大切だ。

当て物と言う話ではまったくなくて。

宇宙をつくっている元のソースにアクセスして考えているんだ。

人間って結構、いろいろな可能性があって、それぞれいろんな文化を抱えて滅んで、何千年も生きている。

何回も失敗していると思うよ。

ホモサピエンスとネアンデタール人だってそうだ。

ホモサピエンスが後からでてきて、駆逐したんじゃなかったんだね。

易はその結晶なんだと、そう思います。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ