【断易・周易】 肉体は、すべての出来事の表象

肉体の面白いところは、すべての出来事の表象なっているところ。
表れ、表現型。

メンデルの遺伝の法則のように、
遺伝子の形と、表現に花がどう、さやがこう。

潜在的な因子と、表にあらわれる要素、世界を考えたとき、
肉体は「私」。考えていることをすべてあらわす場。

心の世界も肉体に現れて表現される。

思い、感情、過去からの情報を、肉体をとして表現するんだ。

心とか魂とか、カルマとかは、頭の中でとりあえずの説明概念として、
抽象的で、話の中ででてくる用語にすぎない。

それらはすべて、身体を通して表現しているという現実がある。

だから、すべての出来事は、身体の運動を通してリセットできると、
本気で思っているんだ。

それを気功法というんだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ