【断易・周易】易神は表現者

「易神に聞いている」と思うと間違う。

易神は表現者であって、イタコではないし、お告げではない。

「お告げ」というと、でてきた存在が知っていることしか教えてくれない。

あなたが霊媒師に会って、おじいちゃんが何を知っているか聞きたいとしても、
そのおばあさんが聞いている範囲でしかこたえない。

おばあさんが捕まえられる範囲でしかわからない。
知っていることしか教えてくれないんだ。

易はそうじゃない。

チャネリングじゃないんだ。

もっと上。この宇宙を成立させている。

宇宙方程式に代入し、答えをだすようなもの。

易神は親会社のPCをいじっているというもの。

僕も易神も、本をみていて、「200何ページみて」というような感じ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ