【正心調息法】外の世界を巻き込む

幸せになったり、いろんなことを祈るとき、
まわりの空気まで幸せにならないといけない。

妖怪変化魑魅魍魎も幸せになるように。

たとえば「お給料が上がりますように」ということも、
外部まで含めたものを動かさないと、給料は増えない。

そのことそのものは自分の欲望でも、給料を決めているのはまわり、
会社だから、自分のお祈りだけではかわらないんだ。

だから、外の世界を巻き込む。

個人的なお祈りに見えても、本当は外とつながっている。

外とつながっているのだから、個人の祈りをかなえようという
テクニカルなことを考えても、外部への祈りも必要。

だったら最初から外部が良くなることを巻き込んだらうまくいくではないか。

塩谷先生の「正心調息法」には書いてあるんだ。

これは、易経でもとっても大切なことだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ