【断易・周易】毎日太陽を見る

周易を本当にするための訓練として、目の中に太陽を飛びこませ、
「太陽の光は私にすべてを届けてくれる」と言うことが大事だ。

必要なエネルギーと情報は太陽の光の中に入っている。

あなたの命も、金運も、人間関係の回復も、運命改善も。

必要な情報とエネルギーは太陽の光の中にある。

陽の光を受けとったとき、ぼんやりするのと、
今、陽の光を受け取ったとする人生は違う。

陽の光を受け取った印象が消えないうちに、
大きなものを貰ったなといえばいい。

病気だったら、病気を治す力が入っている。

お金がなければ、そこからもらえばいい。

およそ森羅万象、必要なものは、陽の光にすべてに。

なにか決めて。

朝目が覚めて、火の光をみたら、これをいって。

他の訓練、やらなくてもいい。

その人は、どれだけ人生悲惨でも心配ない。

太陽は毎日上っているから、そこからやり直せばいい。

黒住宗忠も、陽の光を眺めていただけ。

周易を当てるため、当てるという表現は間違っていますけれど、
周易となじむためには大事なことなんだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ