【西洋魔術】ヒーラーの最終段階

ヒーラーは「相手になにかする」のではなくて、相手と一度つながったあと、ミドルピラーをやるだけ。

そうすると、音叉がふるえるように共振現象がおき、ともに同じ振動で震える。

自分に通すだけなんだ、これがヒーラーの最終段階。

どんな人の中にも、人生を決定付け、制御するフォースが眠っているんだ。

これは、すべての宗教が示し続けていた。

スピリチュアルヒーリング、メンタルヒーリングはこのことを知っている。

本当の治療の技術とは、自らがミドルピラーで光り輝けばいいのだと。

「相手に何かやろう」とするとき、エンペラーの力で濁るんだ。

「通そう、治そう」として。

最初から、すべての人は輝いたキャンパスだから。

最初からすべての人に音叉があり、横に激しくブーンと鳴っている音叉を持ってきてあげたら、同じように動き出すんだ。

(2011.7.10 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ