【西洋魔術】タロットと断易を混ぜる

タロットで占うとき、断易とタロットを混ぜるという方法がある。

どういうことか?

断易やタロットは居合い抜きのようなもの。

「今、この瞬間を斬る!」という秒殺の戦い。

一方でホロスコープ、四柱推命、今日の良し悪しを誕生日によって図る、ずいぶん間尺のひろいのんびりした方法。

タロットカードで占う、最終極意は「あなたが居合を抜くこの瞬間が、必然に変わればいい」ってこと。

カードを切って、どのカードを引くかは偶然。

偶然の神に占いの英知が宿っているかもしれない。

四柱推命や占星術は反対だ。運命は決まっている。だから読み取れる。

これは偶然ではない。必然だ。

この2つを合わす。

相手の人が問いかけたことが、必然になるようにする。

占うこの瞬間の時間を、数字に変えて、足し算をしていくんだ。

(2011.7.10 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ