【断易・周易】 大周天の注意点

大周天というのは、まだ取り込んだり・出したりという意識がある。

その人がただそこにいるだけで、交流が始まる。

そこに行き、エネルギーを奪おうと思うのもまだまだだし、
そこに自分のニュアンスを置いていこうとエネルギーを入れるのも。

その人が自然の状態にいるだけで、すべてのことが
うまくいくかのように、日々の練習がある。

だから「ご神木にエネルギーを入れて来い」というのとは違って、
挨拶をするかのように「よろしくね」と言うようにする。

そうすると、ご神木がエネルギーをくれる。

気功をやりはじめた人の問題点として「邪気に敏感になる」ということがある。

そうしたら、この人が汚れているとなりがち。

それが最初の落とし穴。

いいエネルギーがわかるようになるから、
いいエネルギーを搾取することが目的になる。エネルギースポットに行く。

でも、我々はそれで終わっちゃいけないんだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ