【断易・周易】般若心境は「思ったことがすべて現実になるお経」

般若心境は「思ったことがすべて現実になるお経」なんだ。

般若心経には「照見五蘊皆空 度一切苦厄」「度一切苦厄 舎利子」と書かれてある。

これは、全ての苦しみを逃れることができる。

大きな川を渡るとよろしということだ。

大きな川をわたるによろしというのは、僕らはぴんとこないけれど、あの時代の中国は、揚子江、黄河、向こう岸にわたれたらどんなにいいかと思っていた。

交易を絶たれていたんだ。

あの時代の人たちにとって、「大きな川にわたるによろし」は希望だった。

何回も爻辞ででてくる吉の象意はそういうこと。

橋のない時代、向こう岸にわたるのは、大変なことだった。

だから「度一切苦厄」とは、一切の苦しみの向こうに渡れるという意味なんだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ