【西洋魔術】西洋魔術講座の方針

僕の西洋魔術講座では「使えること」を伝えるということに重きを置いている。

たとえば、十字の描き方、召喚魔術、ミドル・ピラー、イスラエル・リガルディの本でさえもそれぞれ違う。

ぼくも誤植だと思っていた。

でも原著をみると、ある時期から反対になっていた。

で、僕としては「どれが正しいのか」を突き止めることはあきらめたんだ。

システムに準拠してイラつくよりも、まずは力が必要だ。

もしもその技術が正当であっても、我々が4大天使天使召喚をやって呼べないなら却下。

そし西洋魔術からは異端とされても、速やかに呼び出せるなら採用する。

僕がここでお伝えしている技術は、正直いって、世界最先端です。

ネットでいくら調べても、ルーツさえわからない。

では、僕がでっち上げしているのか? 

そうではない。

ただ、みなさんが同じことをするなら、30年はかかる。

ネットで調べられることは自分で勉強しなさい。

西洋魔術講座はそういうところではなく、本当のスクールなんだ。

(2011.6.12 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ