【西洋魔術】「恋人たち(ラバーズ)」のカード

タロットカードの「恋人たち」、ラバーズのカードは大天使ラファエルが迎えている。

陰陽合一を表すカードで、それが賢者の石のテーマなんだ。

五芒星、六芒星はずいぶん進んだ先の形。

だけど、手掛かりはいろいろある。

愛を憎しみに変えず、許しをプライドに変えず、うまい形で表のままそっと愛をもち、そっと許しを持つということ。

純粋な愛をもつこと、純粋な許しを持つことがすごいことだと思うんだ。

この二つをあわせるとどうなるか?

ワクワクしないだろうか?

二つを合わせると、黄金色が出現します。

だから、錬金術。

魂の輝きといってもいい。

具体的なやり方は、1個1個が膨大なテーマなので、僕の開いているセミナーのどこかで、ゆっくりゆっくりとではあるが、フェーズ1から話をしている。

こういう背景を全く知らなくても、こういう技(カバラ十字、銀サークル、小五芒星、ミドルピラー)をやっていただくだけで陰陽が変わり、場が整うんだ。

(2011.6.12 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ