【西洋魔術】目標達成の図を内部空間に持つ

西洋魔術を使おうが、気功を使おうが、頑張っても願いが叶わない人はいる。

それは願いが自分の中にないから。

努力をして、自分の夢を叶えるために頑張るという要素が大きければ大きいほど、叶わない。

「頑張る」ということは自分の中にないんだ。

だから、やればやるだけ飢餓感、飢え、絶望、「これだけやっているのに届かない」という思いがわく。

同じ頑張るのに、目標達成の図が内部空間の中にある人は、努力のプロセスの中でそれから先の未来は自分の中にあるから、未来がくることがうれしくてしょうがない。

気がつくと人より勉強している。

その人にとっては、努力することが時間の短縮。

他所からみるとその努力のプロセスが大変そうに思えても、本人はうれしくてしょうがない。

やりたくてしょうがない。とめようがない。

「もういい加減、勉強やめなさい!」

「ま、ま、待って! もう少し」

夢の叶え方はそういう事だと思いますね。

その夢を実現したいと思うことが、自分の中にあるか、外にあるかということですよ。

(2011.5.15 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ