【断易・周易】トラータカ(トラタカ)とは?

断易セミナーに参加した方から、ご質問があった。

「水晶の練習をすると、冷たい感じがするけれど、胸のチャクラは温かい。

 どういう関連があるんでしょう?」

ヨガには、トラータカ(トラタカ)という練習があるんだ。

これは白い紙に黒い点をじっとみる訓練で、目を使って対象物をじっとみる訓練は集中力がつき、念力に変わる。

これはどちらかというと、超能力っぽい。

僕たちが使っているのは、この手の能力ではなく、集中しない系の能力なんだ。

「ふにゃ~」っとして、がんばらない。

なにもしない、くつろいで、副交感神経優位になる。

我々のエネルギーを受けると眠くなるという、リラクゼーション系の能力をつかう。

じーっと見つめるほうは交感神経優位型。

陰と陽、両方使うと整う。

火と水がそろうんだ。

おだかやかさを追求しながら、集中。

過剰なエネルギーを集めなくてすむんだ。

清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ