【断易・周易】人間風水の陰陽との違い

断易の「左は陰、右が陽」の考え方と、人間風水の陰陽とが混乱するという質問があった。

断易セミナーでお伝えしていることは「集合の概念」であり、外枠。

中身の話ではない。

だから、話の内容によって、いつでも陰と陽は反転する。

単独で取り出して、陰と陽というのは成り立たない。

「右回りと左回りはどちらが陽でどちらが陰?」

と言った場合、両方なんです。

これと同じで、右回りの渦は陽だけれど、反対からみたら陰。

決まっていない。その人の視点により決まる。

五行、八卦をどう分類するかは、まず「それをつかって説明したい話がある」、つまり説明の枠組み、概念であって、実体ではない。

関係性をいっているんだ。

木のエレメントといって、樹木のイメージだと樹木になる。

そういう具体的な事象についてではないんだ。

清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ