【断易・周易】「左は陰、右は陽」

「左は陰、右は陽」というバランスはとても大事だ。

そのバランスが崩れたら病気になる。

バランスを整えることは、体にとったら健康、心は幸せ。

このことを考えることが能力の発動になる。

僕が断易セミナーで使っている表は「乾兌離震巽坎艮坤」が、右側が乾ではじまり、左は坤でおわる。

右は乾、三本の陽で一番陽が多い。

左は坤、陰が三本。爻で重ねたら六本。

もっとも陰の強いものが左、一番右に陽。

意味がわからなくても、この表をみていると、心と体と運命のバランスがとれるようになっている。

覚えられなくても、この表をコピーしてなんとなくみているだけで、全部よくなるようになっている。

そういう理屈が、このひとこと「左が陰、右が陽」に込められているんだ。

清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ