【断易・周易】 気功の極意は共感力

明るくなきゃ。

本当になにもできないときは、笑うしかない。

易経を知ったみなさんが心から笑うと、陰がきわまって陽になる。

心の中からいつでも明るさが引き出せるように。

明るさはエネルギーなんだ。

ほほえみのような。

嘲笑ではない。あざ笑いでもない。高笑いでもない。

どこかに笑いはあるんだ。

気功の極意は共感力だ。

自分の願いが通じないからといって、世界を拒絶するのは違う。

世界を閉じるから、かなえるためのエネルギーが枯渇する。

自分でがんばるしかなくなるんだ。

こまったら広げて、ほかからエネルギーをもらう。

自分ひとりでがんばらない。

ひとりでがんばるということには、才能、努力、時流が必要。

いろんなことで勝ち続けないといけない。

それは余裕のある人ができること。

今こけた人には通用しないんだ。

清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ