【易の卦】「山天大畜」はこれまでの出来事が叶っていくとは?

▼山天大畜(さんてんだいちく)

大畜 利貞 不家食吉 利渉大川
彖曰 大畜 剛健篤實 輝光日新 其德剛上自尚賢
能止健 大正也 不家食吉 養賢也 利渉大川 應乎天也
象曰 天在山中大畜 君子以多識前言往行 以畜其德

大畜は、貞しきに利あり 家食せずして、吉なり
大川を渉るに利あり
彖に曰く、大畜は、剛健篤実、輝光日に新たなり
その徳剛上りて賢を尚ぶ 能く健を止む
大正なり 家食せずして吉なるは、賢を養えばなり
大川を渉るに利あるは、天に応ずればなり
象に曰く、天山の中にあるは大畜なり 
君子以て多く前言往行を識りて、以てその徳を蓄う

=============================

山天大畜は上に山、下に天と書いてあり、
天とは太陽の事です。

静かな山があり、下に太陽の光がふわーっと差している、
富士山のような大きな山を越えていくイメージ。

つまり、とてもいい状態のことを指しています。
それにより、大きく蓄えられている豊かさを考えてください。

それは、これまでの出来事が叶っていくということを意味します。

(2012.4.21.清水義久先生 周易と易の神秘(フェーズ4)セミナーより)

無料メルマガ